日本1000公園

日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2017年10月18日

1608/1000 大幸第二公園(名古屋市東区)

0 件のコメント :
名古屋市を流れる矢田川沿いにURの大幸東(だいこうひがし)団地があります。
資料によれば住棟は11棟、総戸数は約1,400戸あり、住棟の低層階にはスーパーや病院、郵便局なども元気に営業していて、なかなか活気のある団地です。
UR団地の中にある公園は、URが直接管理していることも多いのですが、ここの場合は名古屋市の管理となっており、大幸第二公園と名付けられています。

2017年10月17日

1607/1000 出池公園(名古屋市千種区)

0 件のコメント :
出池公園は、No.1606 不動公園から西へ100メートルほど離れたところにある小公園です。両者は同じような立地、敷地形状をしているので、同時期に一連の事業の中で作られたものではないかと思います。

2017年10月16日

1606/1000 不動公園(名古屋市千種区)

0 件のコメント :
名古屋の地下鉄に「茶屋が坂」という駅があり、駅の周りは戸建てとマンションが混じった住宅地になっています。その一角にあるのが不動公園。
場所や名前からして、坂道の途中に茶屋やお不動様を祀ったお寺などがあったと思われますが、詳しいことはよく知りません。

四方を道路に囲まれて、ほぼ正方形の整った形をしています。

2017年10月15日

1605/1000 込田公園(滋賀県草津市)

0 件のコメント :
込田(こみた)公園は、草津市役所のすぐそばにある公園です。
以前は、この公園付近に旧・市庁舎があり、逆に市役所の位置には込田池という溜池があったそうです。

2017年10月14日

1604/1000 高瀬公園(大阪府守口市)

0 件のコメント :
守口市に高瀬神社という式内社があります。近くには、No.1467でも登場した行基が架けたという橋の伝説があるので、何かしら淀川の流れに関係する地名なのでしょう。
高瀬公園は、そんな高瀬神社の近くにある小公園です。

2017年10月13日

1603/1000 西畑公園(兵庫県西宮市)

0 件のコメント :
西畑公園は、阪神甲子園駅から歩いて2分くらい、ほぼ駅前と言ってよい場所にある小公園です。
甲子園駅と言えば、多くの方は甲子園球場の賑やかさを思い浮かべるかも知れませんが、実際の駅周りは住宅地ですので、公園もよくある児童向けの仕立てになっています。

2017年10月12日

1602/1000 ゆばブンブン児童公園(兵庫県西宮市)

0 件のコメント :
No.1601は名神高速道路の高架下でしたが、本日の公園は阪神電鉄の高架下です。
阪神香櫨園駅と打出駅の中間あたり、弓場町(ゆばちょう)にありますが、この区間が高架化されたのは2001年(平成13年)のことですので、公園の開園はそれ以降のことでしょう。

2017年10月11日

1601/1000 名神高架下6号児童遊園(兵庫県西宮市)

0 件のコメント :
名神高速道路は日本を代表する高速道路(高速自動車国道)ですが、「その名の通り、名古屋と神戸を結ぶ」とは行かず、実際は愛知県小牧市と兵庫県西宮市を結んでいます。
と言うことで、西の終点・結節点にあたる西宮市には名神の大きな高架が通っており、これの高架下にいくつかの児童遊園が整備されています。

そのうちの一つが、名神高架下6号児童遊園。
この付近では橋脚が4本一組になっているのですが、そのうちの3本分が公園になっています。

2017年10月5日

キャラ物5(くまモン)~揺れる動物

0 件のコメント :
ついに出たか!と言うべき、くまモンの揺れる乗り物。
ボディの横にくまモンを描いたボードを貼り付けただけなので、遊具ならではの面白みに欠ける嫌いはありますが、くまモンの使用には厳しいルールがあってポーズや表情も決められているため、致し方のないところです。

おそらく熊本県内のみで使われる特注品ではないかと思うのですが、くまモンの人気を考えると、他の地方でも見てみたいような気がします。

2017年10月4日

ウマ型39~揺れる動物

0 件のコメント :
ハンドル部分の見方によっては、動物ではなくバイクのようにも見えるのですが、四本の足、そして尻尾があるので、ウマ型に分類しました。

見ようによってはカブトムシにも見えますが、足が六本ではないので、ここはウマと言うことで。

2017年10月3日

ウマ型38~揺れる動物

0 件のコメント :
ボディの基本的なところはウマ型33と共通というか同じもののように思うのですが、ペイントがまったく異なるため、まるで違うウマに見えます。
というか、こちらを見てしまうと、やはりウマ型33はウマではなくカバではなかったかと思い直してしまうほどです。

さらに遡れば、ウマ型14ウマ型25とも同じボディのペイント違いなのだろうと思います。


2017年10月2日

トリ型32~揺れる動物

0 件のコメント :
ピンクの小鳥なのですが、イタズラをされて黒い涙を流しています。
いつかどこかで、笑った顔に出会いたいものです。


2017年10月1日

トリ型31~揺れる動物

0 件のコメント :
トリ型3でカルガモと呼ばれていたものと同じボディですが、彩色がまったく違う別の鳥になっているので、別物として分類しました。
同じトリでも雌・雄で羽色が異なるものがいるので、そのパターンなのかも知れません。

トリ型3の方がかなり華やかです