Breaking News
Loading...
2012年12月31日
225/1000 牧志北公園(沖縄県那覇市)

牧志北公園は、那覇の中心部、細い道が入り組んだ牧志の住宅地の中にある小公園です。 ほぼこれで公園の全景。 階段状に仕切られた敷地の下の段にブランコがあり、そのほかは植栽と拝所くらいしかありません。 ブランコは座板がフレーム上部に巻き付けられていました、イタズラな...

2012年12月30日
224/1000 緑ヶ丘公園(沖縄県那覇市)

緑ヶ丘公園は国際通りの北、徒歩1分の位置にある市街地にしては大きな公園で、沖映通り、一銀通りという人通りの多い通りに囲まれているのですが、どの通りからも一皮分だけ建物で遮られており、まったく目立たないという不思議な公園です。 また、古い市街地の真ん中にありながら「緑ヶ丘」などと...

2012年12月29日
223/1000 松尾公園(沖縄県那覇市)

那覇の観光地と言えば国際通りですが、それに隣接するところでガイドブックなどでよく紹介されるオシャレ通りが浮島通りで、古くからの店に混じって若者向けの古着屋やカフェが点在しています。 その浮島通りから少しだけ坂を上ったところにあるのが松尾公園で、那覇市街に多い、斜面地を上手に取り...

2012年12月28日
222/1000 与儀公園(沖縄県那覇市)

No.221はヤギの公園 でしたが、本日はヨギの公園です。 沖縄では公共交通はバスがメインのため、いくつものバス路線が通ってターミナル的な役割を果たす交差点があります。そうした主要な交差点は土地の名前が付いた「○○十字路」と呼ばれていることが多く、その中のひとつ「与儀十字路」...

2012年12月27日
221/1000 大石公園(沖縄県那覇市)

大石公園は那覇市の東部、旧・真和志市にあたる区域にあります(そうは言っても国際通りから2~3キロほどしか離れていませんが)。ちょうど那覇に行く用事があった時に、「公園でヤギを飼っているボランティア団体があって、ヤギと幼稚園児のかけっこなどがおこなわれた」という面白い新聞記事を見か...

2012年12月26日
220/1000 水前寺江津湖公園の一部(熊本市中央区)

「水前寺公園」と言えば、一般的には熊本藩主・細川家の大名庭園である「 水前寺成趣園 (すいぜんじじょうじゅえん)」を指していると思います。近年の観光客数は年間30万人前後でズバ抜けて多いと言うことはありませんが、熊本市内では古くから熊本城と並ぶ観光地として知られています。 水...

2012年12月25日
219/1000 万行童夢公園(高知県黒潮町)

No.218の入野児童公園 から海の方に向かい土佐くろしお鉄道の踏切を越えると、大方児童館があります。これの愛称が童夢館。この童夢館の向かいにあるのが万行(まんぎょう)童夢公園です(万行は字名だろう思います)。 旧・大方町では公園を開設する際には竣工年月を記すことにしていたの...

2012年12月24日
218/1000 入野児童公園(高知県黒潮町)

No.217の土佐西南大規模公園(大方地区) の周辺は、旧大方町の中心地にあたります。古代の大方郡ないしは入野郡の時代から地域の中心であり、現在も町役場がある地区です。 ということで、大規模公園だけではなく市街地の小公園も見られます。その一つが入野児童公園です。 公園の入口...

2012年12月23日
217/1000 土佐西南大規模公園 大方地区(高知県黒潮町)

「名は体を表す」と言いますが、「高知県立 土佐西南大規模公園」という名前からはどのような公園が思い浮かぶでしょうか。なんとなく想像はできても、「大規模公園」がわかりにくいかも知れません。 その正体は、高知県の西南の方にある四万十市、旧大方町、旧佐賀町の3つの町(現在は旧大方町...

2012年12月22日
216/1000 鏡川沿い唐人町の小公園(高知県高知市)

高知城下を流れる鏡川沿いには堤がありますが、古い時代につくられたもののようで堤の上に家が立ち並んでいます。水害への不安はあるように思いますが、日々の暮らしで言えば、鏡川を見下ろすロケーションが魅力です。 そんな堤上の家々に並んで、園名板の見当たらない小公園がありました。規模で...

2012年12月21日
215/1000 松淵川公園(高知県高知市)

No.213の八軒町公園 のすぐ近くにあり、元は公園の前の道が松淵川という川だったようです。 それにちなんで、公園の入口には舟の形をした花壇もしくは砂場があります。長年使われていないようで土がカチカチになっており、ハッキリとした用途がわかりませんでした。 公園内は東側...

2012年12月20日
214/1000 八軒町公園(高知県高知市)

八軒町という町名は、このあたりが中洲を改良した新開地で武家屋敷が八軒しかなかったことに由来するといいます。町名変更で今は No.213 に出てきた鷹匠町に含まれていますが、鷹匠町も江戸時代に遡る町名なので、少々紛らわしくなります。 かつて中洲だったからというわけでもないのでし...

2012年12月19日
213/1000 鷹匠公園(高知県高知市)

高知城下町の鷹匠町。もともとは鷹匠が集まって住んだ町なのですが、幕末に藩主・山内容堂が下屋敷を建設します。西郷隆盛が高知を訪れた際には、この下屋敷で容堂と会見したそうです。 そして明治時代になると、お城にはもう住めませんので、こちらが山内家の本邸となります。 さらに戦後になっ...

2012年12月18日
212/1000 和霊公園(愛媛県宇和島市)

宇和島市街地の北端に 和霊神社 という大きな神社があります。 江戸時代の藩主・藩祖を祭神とする神社は全国にありますが、この和霊神社は藩主に疎まれて殺された家老を祀っている点が面白いところです。このご家老、お祀りされるまでの間はかなり祟って大変だったそうですが。 その和霊...

2012年12月17日
211/1000 天久プリン山公園(沖縄県那覇市)

「プリン山」という名前を聞いただけで、どんな公園なのかわくわくしてしまいます。いわゆる「つかみはOK!」です。 なんだか園名板のフォントも少しかわいい目のものになって、楽しげな雰囲気を高めています。 そしてその奥には...

2012年12月16日
210/1000 天久ちゅらまち公園(沖縄県那覇市)

天久(あめく)ちゅらまち公園は、那覇新都心の公園群のなかの一つで、天久小学校、保育所に隣接しています。遊具はほとんどないのですが、広めの芝生広場と人工の蓮池があり、大人がのんびりとするのに向いている公園です。

2012年12月15日
209/1000 弁ヶ岳公園(沖縄県那覇市)

琉球王国の時代、首里城の(霊的な)北の守りは No.208の虎瀬公園 がある虎瀬山でしたが、東の守りがこの弁ヶ岳公園のある弁ヶ岳でした。日の昇る東の方角であり沖縄の聖地である久高島が見える場所、さらに那覇市内最高峰ということもあって、琉球王国の時代から熱心な信仰の対象となっていた...

2012年12月14日
208/1000 虎瀬公園(沖縄県那覇市)

虎瀬(とらせ)公園は、琉球王国時代に王家の別邸が建てられていたという虎瀬山の山頂部を公園にしたものです。山の名前の由来は、首里城から見ると頂上の岩石が虎の頭に見えたからと言いますが、現在の山頂にはそれらしき岩は見あたりません。 別邸があったということだけ聞くと首里城から遠く離...

2012年12月13日
207/1000 末吉公園(沖縄県那覇市)

沖縄と言えば「自然が豊か」なイメージがありますが、市街化が進んだ那覇に関してはそのイメージは当てはまりません。その中にあって、一番まとまった樹林地が残っているのが、この末吉公園の一帯です。 首里から海に向かって東西に流れる安謝川沿いの渓谷と、その北側に立つ山の斜面とを公園にした...

2012年12月12日
206/1000 末吉東公園(沖縄県那覇市)

No.205の末吉西公園 では、一点豪華主義の滑り台が故障して使えなくなっていたために寂しい思いをしましたが、200mほど離れたところに負けず劣らずの豪華遊具を持つ末吉東公園があるので大丈夫です。 この二つの公園が同じ町内にあるのは、阿行吽行というかサンダ&ガイラというか、とに...

2012年12月11日
205/1000 末吉西公園(沖縄県那覇市)

浦添市との市境近くにある末吉西公園は、小公園であるにもかかわらず一点豪華主義の遊具で攻めていた公園なのですが、その遊具がちょうど壊れているタイミングで訪れてしまいました。 その遊具とは、このロングローラー滑り台。市街地の公園には珍しい長さです。 後ろに見えるコンクリート...

2012年12月10日
204/1000 安岡ガジュマル公園(沖縄県那覇市)

No.203の新都心公園 の北端と道を挟んで斜向かいにあるのが安岡ガジュマル公園です。 こうした「植物名」や「動物名」の付いた公園には2通りあり、1つは旅館の部屋名やニュータウンの町名のように単にきれいな花や親しみやすい動物の名を冠しているもの(「松の間」や「雲雀ヶ丘」のよう...

2012年12月9日
203/1000 新都心公園(沖縄県那覇市)

那覇新都心は、1987年(S62)に全面返還された米軍の住宅施設の跡地を区画整理して開発されたニュータウンです。 この丘陵一帯には、戦前は安謝、天久などの集落があり、集落周辺は農地や山林になっていましたが、沖縄戦の際には北から南へと向かう米軍に対する防衛ラインとなり、激しい戦闘...

2012年12月8日
202/1000 黄金森公園(沖縄県那覇市)

No.201のタカマサイ公園 から100mほど東に歩くと、黄金森(くがにむい)公園があります。 黄金森というのは、公園があるあたりの斜面地の森の旧来からの呼び名で、近くにある 泊小学校の校歌 にも歌われています。 いまは宅地造成が進んだために森の姿はなく、また地形の微妙なと...

2012年12月7日
201/1000 タカマサイ公園(沖縄県那覇市)

No.197(とまり緑地) で触れた泊港から東北側を見ると、天久(あめく)の丘陵地が見えます。今は建物が増えてしまってわかりにくくなりましたが、丘陵の南側(港から見える側)は急傾斜の崖地になっており、古い時代には崖地の緑が航海の目標物になっていたと思われます。 その丘に、タカマ...

2012年12月6日
イルカ型3(亜種)~揺れる動物

以前登場した イルカ型3 揺れる動物が、中央の半球体を支点として4つ繋がったシーソーになっています。 管理の手が行き届かない公園のため、夏の終わり頃にはただの草っぱらのようになっており、さながら草海原を行くイルカの群れのようでした。

2012年12月5日