Breaking News
Loading...
2013年11月30日
519/1000 梅田亀田公園(東京都足立区)

梅田亀田公園は、 No.493の亀田トレイン公園 から南へ100mほど離れた場所にあり、現在の町名では足立区梅田8丁目に含まれます。 しかし公園の西隣には亀田小学校がありますので、昔は大字梅田 字亀田だったとか、あるいは梅田と亀田の境界にあたっているとかの理由でこうなったのでは...

2013年11月29日
518/1000 雪谷大塚中央児童公園(東京都大田区)

東急池上線・雪谷大塚駅から徒歩5分ほどの住宅地の中にある小さな遊び場です。 20メートル四方ほどの小さな公園で、そのものにこれと言った特徴はないのですが、パーゴラの架かった砂場を見守る2頭のパンダが気になったので記録。

2013年11月28日
517/1000 田園調布一丁目東公園(東京都大田区)

町名は田園調布ですが、最寄り駅は一つ隣の多摩川駅という田園調布一丁目。 高級住宅地としてのイメージが強い田園調布駅の周辺とは異なり、その縁辺部にあって、区画整理事業で生まれた平板な住宅地が広がります。 と言うことで、この公園も、いかにも区画整理地っぽい整った形の児童公園仕立...

2013年11月27日
516/1000 多摩川台公園(東京都大田区)

No.515の宝来公園 では、田園調布の台地から池のある崖下へと降りてきましたが、そこから多摩川へ向かうには、もう一度川沿いの台地を上っていかねばなりません。その台地上に、約750mにわたって細長く続くのが多摩川台公園です。 公園の中心というか丘の頂部は多摩川台古墳群と呼ばれ...

2013年11月26日
515/1000 宝来公園(東京都大田区)

現在は高級住宅街として知られる 田園調布 ですが、開発を企画した 渋沢栄一 たちは必ずしも「高級」を志向していたわけでもなく、19世紀末のイギリスで提唱された 田園都市 (田園と都市の両方の特徴を持ち、住宅と庭、公園などが調和した町)の思想を取り入れた住宅地をつくろうとしたもので...

2013年11月25日
514/1000 東山街かど公園(東京都目黒区)

現在の東山街かど公園は、 No.511の東山公園 の拡張部がすぐ隣にできたために一体化しており、一見すると東山公園の出入口の一部にしか見えませんが、以前は別々の公園でした(今でも区の取扱いとしては明確に区分されていますが)。 下の写真で、3つ並んだプランターの手前側が東山公園、...

2013年11月24日
513/1000 東山児童遊園(東京都目黒区)

東山児童遊園は、 No.512の東山貝塚公園 の道向いにあります。 貝塚公園が庭園風で落ち着いた仕立てになっているのに対して、こちらは狭い空間に遊具を詰め込んだ賑やかな遊び場となっています。 まず目立つのは山遊具。 そこをウマが登っているというデザインの面白さが際立ち...

2013年11月23日
512/1000 東山貝塚公園(東京都目黒区)

東山貝塚公園は、その名の通り東山貝塚遺跡に関連する公園です。 しかし目黒区HP中の 公園紹介のページ には「東山貝塚跡につくられた公園」、 遺跡紹介のページ には「貝塚の近くに区立東山貝塚公園を造成」と微妙に異なる内容が書かれていて困ってしまいます。 そういう時は、まず...

2013年11月22日
511/1000 東山公園(東京都目黒区)

目黒区と世田谷区の区界あたり、駅で言うと池尻大橋から三軒茶屋までの間、首都高&玉川通りの南には、陸自の三宿駐屯地、昭和女子大学、公営住宅、世田谷公園などまとまった土地利用をおこなう施設が集まっています。おおまかに東西1.5km、南北1kmくらいの範囲でしょうか。ここは、戦前の陸軍...

2013年11月21日
510/1000 目黒天空庭園&オーパス夢ひろば(東京都目黒区)

目黒天空庭園は、2013年(平成25年)3月に開園したばかりの新しい公園です。 天空の名のとおり、新設された首都高速・大橋ジャンクション(JCT)に架けられた屋根の上、そこを広場や花壇、菜園などのある公園にしたもので、法制度的には都市公園法の立体都市公園制度が適用されています。...

2013年11月20日
509/1000 したのやばし公園(東京都世田谷区)

したのやばし公園は、世田谷区太子堂付近、烏山川緑道沿いにあります。緑道はかつての烏山川の跡なので、このあたりに「したのや橋」が架かっていたものと思われます。 付近の地形全体が川に向かって緩やかに傾斜しているので、公園内もなんとなく傾いているように見えます。 公園その...

2013年11月19日
508/1000 三宿たぬきのポンポ公園(東京都世田谷区)

世田谷区三宿(みしゅく)の住宅地にある小公園。公園名はポンポコ公園ではなく、 ポンポ公園 であることに注意です。 世田谷区のホームページ によれば、2006年(平成18年)10月にまちづくり協議会や三宿小学校の子供たちのワークショップを元に完成したとのことですので、おそらく名前...

2013年11月18日
507/1000 淡路3公園と近くの児童遊園(大阪市東淀川区)

淡路「第3」ではなく、淡路「3」公園という素っ気なさが気になるこの公園は、淡路で3番目の公園ではなく、淡路3丁目にあるから「3」公園なのだと思います。 阪急・淡路駅から西へ5分くらいの住宅地、古くからの木造住宅やアパートが多い地区にあり、周りに公園はあまり多くありません(ただし...

2013年11月17日
506/1000 下新庄北公園(大阪市東淀川区)

下新庄北公園は、大阪市の北部・東淀川区にあり、吹田市との境界をなす神崎川にほど近く、阪急・下新庄駅からも徒歩2~3分のところにある公園です。 公園がある一角は阪急、JR城東貨物線、東海道新幹線の線路に囲まれており、区画道路などが十分に整備されていないこともあって、今も古い住宅や...

2013年11月16日
505/1000 東池尻第2公園(大阪府大阪狭山市)

No.503 で登場した巨大な狭山池の川下のあたり一帯は、池尻という地名になっています。 あまり計画的とは言えない形で農地から住宅地に転じてきたと見受けられ、細道や曲り道、行き止まりの多い地区です。そんな地区の一角、崖下の狭小な用地を巧みに使っているのが東尻池第2公園です。 ...

2013年11月15日
504/1000 さやか公園(大阪府大阪狭山市)

かつて関西には、阪急・宝塚ファミリーランド、阪神パーク、近鉄あやめ池遊園地など私鉄各社が沿線に経営する多数の遊園地がありました。 ここ大阪狭山市にも、南海電鉄が、江戸時代の領主・北条家(狭山藩)の陣屋下屋敷があった狭山池畔に、1938年(昭和13年)に開園したさやま遊園がありま...

2013年11月14日
503/1000 狭山池公園(大阪府大阪狭山市)

大阪狭山市にある狭山池は、築造年代がはっきりしている溜池の中では日本で最も古く、7世紀前半に築かれたものです。西除川(天野川)と三津屋川という2本の川を堰きとめた堤は平成に至るまで幾度もの改修を受けて、満々と水をたたえています。 現在は周囲約2.9km、面積は約36haで、その...

2013年11月13日
502/1000 狭山第2公園(大阪府大阪狭山市)

大阪狭山市の市庁舎のすぐ隣にある公園です。 第1公園がどこにあるのかは知りませんが、初めてこれを見た時は「さすがは狭山!まさに狭い山!!」と勝手に納得してしまいました。

2013年11月12日
501/1000 生野東公園(大阪市生野区)

生野東公園は、 No.500の御勝山南公園 から南へ200メートルほどのところにある公園です。 面積は1.2ヘクタールあり、市街地の公園としては大きい方なのですが、不整形なうえに道路で2地区に分かれていて、それほど広さを実感することはできません。 道路の北側のブロックは、円...

2013年11月11日
ムシ型8~揺れる動物

これまでに収集してきた揺れる動物の中でも、最大級のインパクトを誇る逸品。 残念ながら公園ではなく、鳥取県倉吉市の 鳥取二十世紀梨記念館 (なしっこ館)の、ナシ園をモチーフにした屋内遊び場で見つけました(後方にはナシの実型のジャングルジムも見えています)。 どうやら梨につく害...

2013年11月10日
サイ型2~揺れる動物

サイには、アフリカに住む クロサイ 、 シロサイ など角が2本のものと、 インドサイ 、 ジャワサイ のように角が1本のものがあります。 サイ型1 は角が1本だったのでインドサイだと推定しましたが、これは角が2本で色白なのでシロサイの揺れる動物とします。 しかし、前足と腰回...

2013年11月9日
2013年11月8日
タコ型1~揺れる動物

初収集のタコ型の揺れる動物。 タコ型の巨大複合遊具が売り物の「 道の駅・ポート赤崎 」で見つけました。 小学生がしがみついて乗るくらいの大きなもので、三本のスプリングでしっかり支えられています。 もっとも、あくまで遊び場の主役は後方にチラリと見えている巨大タコ遊具な...

2013年11月7日
2013年11月6日
ウサギ型11~揺れる動物

FRP性の大型ボディのウサギ型揺れる動物です。 リス型4 、 トラ型2 と同じシリーズだと思われます。 ボディが大型なのは乗りやすくて良いのですが、耳が出っ張っているので、小さな子供が乗ると前が見づらいのではないかと心配してしまいます。

2013年11月5日
2013年11月4日
アシカ型3~揺れる動物

アシカ、アザラシ、オットセイは、パッと見は似ているのですが、泳ぐ時と歩く時、それぞれの前足と後ろ足の使い方で見分けられるといいます。 例えば、 このような説明 がされています。 しかし揺れる動物になってしまうと、なかなか見分けが付きにくいものもあります。 これはアシカとい...

2013年11月3日
パンダ型8~揺れる動物

パンダ型2 とボディは共通ですが、足載せ部の形状、持ち手の位置・形状が異なるため別に分類しました。 パンダ型2 よりも古いタイプと思われ、安全対策のため、こちらでは金属棒が突き出た形状になっている部分が改良されてパンダ型2になったようです。

2013年11月2日
2013年11月1日