日本1000公園

日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2014年9月30日

イルカ型11~揺れる動物

0 件のコメント :
シルエットは確かにイルカなのですが、背中を反らしたポーズ、地面に付いた胸びれがアシカのような印象を与えます。
もう少し尻尾を上げているようなバランスになればよかったのでしょうが、胸びれ部分に足乗せを配置したかったばかりに、頭を上げすぎなところが迷いの元だと思います。

2014年9月29日

トラ型6~揺れる動物

0 件のコメント :
表情からノンビリと座っているようにも見えますし、後ろ足を蹴って大きく飛びかかろうとしているようにも見えるトラ型。
持ち手は優しい曲線、尻尾の間には背もたれが付き、足乗せも尖っていない形状になっているなど、最新鋭の安全タイプでもあります。

2014年9月28日

ラッコ型4~揺れる動物

0 件のコメント :
ラッコ型の新顔。一人で座って横方向に揺れるタイプです。
長い尻尾や胸においた貝、海の中のあぶくまで、とても良く表現されたデザインです。

しかし、横揺れって幼児の遊びとしては、どれほど楽しいのか少し不安です。

2014年9月27日

ブタ型3~揺れる動物

0 件のコメント :
イタズラされたのか、ペンキ塗り替えの時に頑張りすぎたのか、口紅とまつげで女性っぽくなってしまったブタ。
まつげの雰囲気がレディー・ガガっぽいかも。

記者会見する米国の人気女性歌手、レディー・ガガさん
"47news"より引用して表示

2014年9月26日

イヌ型5~揺れる動物

0 件のコメント :
意外に見つかっていないイヌ型の揺れる動物。

白地に黒ぶちはダルメシアンでしょうか。
公園内に101匹並べてみたら面白くなるかも知れません。



2014年9月25日

恐竜型7~揺れる動物

0 件のコメント :
色々イタズラをされて表情がおかしくなっていますが、結構凶暴な顔つきの恐竜。3本のスプリングで支える大型のもので、2人乗りが可能となっています。
スプリングの取り付け位置や全体フォルムでは前のめりでバランスが悪いようにも感じますが、子供達が乗っている様子を見るとそれほどでもありませんでした。

2014年9月24日

800/1000 片山小さな緑地(東京都中野区)

0 件のコメント :
No.796の江古田公園を訪ねた時のこと。スマホで地図を見ていて、すぐ近くに「片山小さな緑地」という公園があるのを見つけました。
小さな公園、ポケットパークはいくつも見てきましたが、自ら「小さな」と名乗る公園は珍しいので訪ねてみました。

2014年9月23日

799/1000 妙正寺川公園(東京都中野区・新宿区)

0 件のコメント :
No.798の哲学堂公園は妙正寺川の左岸(北側)にありましたが、川を挟んだ右岸(南側)には妙正寺川公園があります。
哲学に富んだ別世界の趣きもある哲学堂公園とは打って変わって、こちらは都市的な必要に迫られた実用本位の公園です。

公園の入口には、新宿区と中野区の連名で園名板が掲げられています。
公園の中を区境が通っていますが、公園内にある運動広場は両区の共同設置ということになっています。

2014年9月22日

798/1000 哲学堂公園(東京都中野区・新宿区)

0 件のコメント :
哲学堂公園は、後に東洋大学となる哲学館の創設者、そして妖怪博士として知られる明治の哲学者・井上円了が教育、あるいは思索・修養のために設けた哲学堂(四聖堂)その他の建物や庭園などが、円了の死後、東京都に寄付されて公園となったものです。

2014年9月21日

797/1000 江古一御嶽公園(東京都中野区)

0 件のコメント :
江古一御嶽(えごいちみたけ)公園は江古田一丁目にある、都営公園に付帯する狭小公園です。
近くにある沼袋氷川神社のサイトを見ると、同社内に御嶽社が合祀されていますので、おそらく以前はこの公園付近に御嶽神社があったのだろうと思います。

2014年9月20日

796/1000 江古田公園(東京都中野区)

0 件のコメント :
中野区の江古田(えごた)公園は、江古田川が妙正寺川と合流する付近に設けられた公園です。
ここは都市計画公園としては、中野区と新宿区にまたがる野方公園(13.9ヘクタール)として計画決定されているのですが、そのうちの0.8ヘクタールほどだけが江古田公園として開園している形になります。

2014年9月19日

795/1000 江古田の森公園(東京都中野区)

0 件のコメント :
江古田(えごた)の森公園は、練馬区と中野区の境界付近を流れる江古田川が大きく湾曲するところ、北方向に岬のように突き出した台地端に整備された面積約6.0ヘクタールの大きな公園です。

敷地のうち、川沿いの1.6ヘクタールほどが都立の北江古田公園として1971年(昭和46年)に開園し後に中野区へ移管、2007年(平成19)年に残りが開園、両者一体として区立江古田の森公園に改称されました。
ただし、現在も都市計画上の名称は「北江古田公園」、区立公園としての名称は「区立江古田の森公園」と異なっているうえ、公園内外の所々に旧・北江古田公園の名称が残っているので、初めて訪れる方は少し迷うかも知れません。

2014年9月18日

794/1000 本多山公園(東京都中野区)

0 件のコメント :
本多山公園は、江古田川沿いで、都営住宅と川とに挟まれた細長い空間に収まった小公園です。
近くにはまったく山の気配がないのですが、付近の地形を見ると川沿いに小山がある(というか、台地が川に削られて高低差が生じている)ところが多いので、住宅開発がされる以前は本多山という山があったのかも知れません。

2014年9月17日

793/1000 徳殿公園(東京都練馬区)

0 件のコメント :
徳殿(とくでん)公園は、練馬区と中野区の境界付近にある小公園です。
区画整理された長方形の整った敷地内は、林、流れ、遊具広場に大きく三分できます。

2014年9月16日

792/1000 中新井川児童遊園(東京都練馬区)

0 件のコメント :
かつて練馬区と中野区の境界付近を流れていた中新井川(中野区に入ると江古田川)は、練馬区内ではほぼ地下化されています。地下化された水路上の一部を公園として整備しているのが中新井川児童遊園です。

2014年9月15日

791/1000 学田公園(東京都練馬区)

0 件のコメント :
学田(がくでん)公園は、練馬区役所からかつての中新井川沿いに500~600メートルほど歩いたところにある公園です。

敷地のうちの広い範囲が野球場に占められており、残った外周部に遊具広場や園路、高木植栽などが入る形になっています。

2014年9月14日

790/1000 豊玉中公園(東京都練馬区)

0 件のコメント :
豊玉中公園は、No.789の豊玉公園と道を挟んで斜向かいのところにある公園です。

豊玉公園がユニバーサルデザインを取り入れ、誰に対しても開かれた公園になっているのに対して、こちらは敷地全体がフェンスに囲まれたテニスコートになっており、多くの人にとっては閉ざされた公園となっていて非常に対照的です。

2014年9月13日

789/1000 豊玉公園(東京都練馬区)

0 件のコメント :
練馬区役所の所在地が、練馬区豊玉北(とよたまきた)。その区役所からいちばん近い公園が1968年(昭和43年)に開園した豊玉公園で、練馬区で初めて整備された区立公園でもあります。
ここでは、2007年(平成19年)から3年をかけて、区民らによる「みんなのタコ公園かいぎ」ワークショップによる議論などと改修がおこなわれ、ユニバーサルデザインの視点を取り入れた公園として生まれ変わりました。

2014年9月12日

788/1000 焼野南さくら公園(大阪市鶴見区)

0 件のコメント :
焼野南さくら公園は、No.787 焼野南公園から100メートルほどしか離れてない住宅地の中にあります。ネーミングからして、No.787よりもこちらが後からできたので、桜をシンボルにして差別化を図ったのではないかと思われます。

2014年9月11日

787/1000 焼野南公園(大阪市鶴見区)

0 件のコメント :
焼野南公園は、近畿道と大阪市内とを結ぶ花博通と呼ばれる幹線道路から、一筋だけ入った住宅地にある小公園です。
周囲は大阪市内とは言え高度成長期までは農地が多かった地区で、農村集落の形態を残すところ、高度成長期に開発された古い住宅、幹線道路の名になっている大阪花博(1990年)の前後に開発された住宅や倉庫・工場などが入り混じっており、高速道路や幹線道路の空虚さもあって、印象が一つに固まらない地区です。

2014年9月10日

786/1000 焼野公園(大阪市鶴見区)

0 件のコメント :
焼野(やけの)地区は大阪市の北東端・鶴見区の中でも一番端にあり、守口市や門真市に隣接しています。とは言え、もともと低湿地で水路や田が入り組んでいたのでしょうか、現在の市境界も複雑な形に出入りしており、どこの自治体に入っていてもおかしくないようなところです。
焼野公園は、そんな焼野地区の一角にある小公園です。

出入口に大きな樹があるために見えづらい箇所もありますが、これでほぼ全景。まとまった面積広場はなく、全体が幼児のための遊び場といった仕立てです。

2014年9月9日

785/1000 相生公園(浜松市中区)

0 件のコメント :
JR浜松駅から線路沿いに15分ほど歩いたところの高架沿いに、1970年に開園した相生公園(交通公園)があります(「交通公園」というカテゴリーについては、No.39 今井交通公園の記事にまとめています)。

2014年9月8日

784/1000 北寺島公園(浜松市中区)

0 件のコメント :
北寺島公園は、浜松駅の南口から東方向へ5分ほど歩いたところにある公園です。
このあたりは古い町割りと新しい区画道路が45度ずれて交差しているために三角地やトンガリ住宅が頻発する地区で、公園もかなりいびつな形をしています。しかし、面積は3,000平米ほどあり、公園の中心部には施設や樹木を入れずに広場を大きく取ることで、あまり不整形さを感じさせないようになっています。

2014年9月7日

783/1000 駅南公園(浜松市中区)

0 件のコメント :
ひかり号の停まる浜松駅では、90年代以降に駅北側で45階建のアクトシティ浜松や再開発ビルの建設、駅前広場の改装などが進んだのですが、駅南側は1970年代風の低層の町並みがずっと残っており、駅の南北でずいぶんと印象が違います。

そんな駅南に出て徒歩5分ほどのところにあるのが駅南公園です。

2014年9月6日

782/1000 牡丹橋公園(浜松市中区)

0 件のコメント :
JR浜松駅の南に広がる住宅街を歩いていると、No.781 海老塚公園で登場した新川に流れこむ小河川(用水路?)があり、牡丹橋という名の橋が架かっていました。下写真のように、橋の上流側は暗渠化されているため「橋」というよりは「蓋」と言いたくなるような状況になっていますが、それでも石造りの高欄はよく目立ちます。

2014年9月5日

781/1000 海老塚公園(浜松市中区)

0 件のコメント :
浜松市の中心部を南北に流れる新川は、浜松駅近くの市街地では暗渠化されています。
それが駅の南で再び顔を出すあたりの川沿いに、海老塚公園があります。

浜松駅周辺では駅北の方が業務地・繁華街で、駅南はさほど集約的な土地利用のされていない住宅地が続いているため、海老塚公園ものんびりとした昔ながらの児童公園といった雰囲気です。

2014年9月4日

780/1000 黒鳥山公園(大阪府和泉市)

0 件のコメント :
黒鳥山(くろどりやま)公園は、和泉市の中心である和泉府中駅から東へ2キロほどのところにあり、桜の名所として親しまれている公園です。
市街地からの距離こそ近いのですが、緑が保全されている丘陵の端部にあたり、公園の周囲には農地も残っているため長閑な雰囲気の漂うところです。
和泉市は駅に近い市街地に大きな公園がないこともあって、古くから市を代表する公園となっていたようです。

2014年9月3日

779/1000 あそ池公園(大阪府和泉市)

0 件のコメント :
和泉市伯太町(はかたちょう)付近は、江戸時代には伯太藩1万3500石の陣屋が置かれたところですが、明治以降に建物などは破却され、今となっては痕跡もほとんどわかりません。
その頃の絵図によれば陣屋の御殿から東方の山裾にいくつかの溜池が描かれており、その一つが「あそ池」です。

池の周囲は当時の地形はどことなく残しつつも完全に宅地化されており、あそ池も現役の溜池とは思えないほど草ぼうぼうの様相となっています。

2014年9月2日

778/1000 前奈池1号公園(大阪府和泉市)

1 件のコメント :
前奈池1号公園は、陸上自衛隊信太山駐屯地の正面玄関から道を渡ったところにある小公園です。本当は駐屯地の側から公園を撮りたかったのですが、門衛の方がこちらを睨むので、反対向きにしておきました。

2014年9月1日

777/1000 肥子池公園(大阪府和泉市)

2 件のコメント :
肥子池公園は、JR和泉府中駅から西南へ200メートルほど、イオン和泉府中店のすぐ隣という恵まれた立地にあります。
所在の町名は肥子町(ひこちょう)なのですが、かつてあった池の名前が町名、公園名に残っているのでしょうか。