ヒツジ型3~揺れる動物

4:00 Add Comment
2015年のヒツジ年を締めくくるヒツジ型。

目をつぶりスヤスヤと眠っているようなので、これに揺られていると、こちらも眠くなってしまうのかも知れません。



カバ型5~揺れる動物

4:00 Add Comment
以前に本ブログで、カバ型4を取り上げて「カバだかワニだかよくわからん」と評したことがありました。

その記事を制作者の方が目にしたのかどうかはわかりませんが、側板に英語でしっかりと「カバ」と書かれていて、間違いなくカバであるようです。



ブタ型4~揺れる動物

4:00 Add Comment
頭の形を見て「角竜?」と思ったのですが、可愛らしいリボンとかクルリと巻いた尻尾を見て、ブタだと思い直しました。
それにしても「ブタにリボン」というデザインコードはいつ頃から広まったものなのでしょうか。

トナカイ・ヘラジカ型2~揺れる動物

4:00 Add Comment
「今日はクリスマスなのでトナカイ型」と行きたいところですが、ヘラジカ型。

トナカイは全体的に尖った角が上向きに、ヘラジカは平面の多い角が左右に広がって伸びるそうなのですが、普段から見慣れていない日本人にはよくわかりません。ましてや遊具になってしまうともっとわかりませんが、メーカーのカタログにヘラジカと書かれていました。

ヨーロッパの中でも遊具や遊び場について実績のあるスウェーデンのメーカー製のものです。やはり北欧では、子供たちにヘラジカが人気なのでしょうか。

サカナ型6~揺れる動物

4:00 Add Comment
遠目に見るとウサギ型かと思いましたが、近くで見ると顔とか尾びれとか、どうみてもサカナ。口元の雰囲気からして、鯉でしょうか。

しかし、持ち手の部分を何と解釈すべきか悩みます。
背びれにしては前すぎるし、胸びれにしてはそれを跳ね上げているというのは不自然だし...

サカナ型5~揺れる動物

4:00 Add Comment
パッと見た時はクジラかと思ったのですが、このおちょぼ口と丸っこいボディ、そして尾びれの形などを見るとフグではないかと思います。
しかし、「フグに乗る」という発想はどこから出てくるのでしょうか?

1100/1000 愛染公園(大阪市浪速区)

4:00 Add Comment
愛染公園は、霊木「愛染かつら」で知られる寺院・愛染堂勝鬘院から西へ坂を降りていった下寺町にある公園です。
すぐ横を阪神高速環状線が通っているのですが、高架道路ができる前はそこに堀川があって「愛染橋」という橋が架かっていたそうなので、公園名はそちらから取られたのかも知れません。

1099/1000 日東公園(大阪市浪速区)

4:00 Add Comment
日東公園は、大阪の電気街・日本橋の通りから少し東に入ったところにある小公園で、隣には日東小学校や日東幼稚園もあります。よくは知らないのですが、所在地の「日本橋東」を略して日東なのではないかと思います。

1097/1000 大岸公園(大阪市浪速区)

4:00 Add Comment
大岸公園は、大阪の寺町地区である四天王寺界隈から急な坂を西へ下りたあたり、大阪市内で唯一の天然滝がある清水寺に近い崖下にある小公園です。

公園の前で撮影した写真の奥の方に、天神坂と呼ばれる坂道が写っています。

1096/1000 高岸公園(大阪市浪速区)

4:00 Add Comment
高岸公園は大阪・ミナミの中心である難波駅のお隣、南海・今宮戎駅と地下鉄・大国町駅の中間あたりにある小公園です。
現状で公園敷地は道路に囲まれた1つのブロックを敷津小学校と分けあい、さらに道路を挟んで飛地のようになった東側の小スペースも公園区域に含まれるようです。下の写真で道路の左右とも公園区域です。

1095/1000 浜崎緑地(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
浜崎緑地は、No.1080 新栄公園から300メートルほど離れたところにあります。
新栄公園は市を代表する「中央公園」であるのに対して、こちらはすっかり陰に隠れてしまっており、園名板もかなり注視しないと判読できないほどにくたびれています。

1094/1000 登野城漁港マンタ公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
マンタ公園は、石垣市の旧市街を構成する四ヶ字(しかあざ)の一つ、登野城地区の漁港にある小公園です。といっても漁港自体が埋立地にあたり、旧来からの登野城地区とは別の住所(八島町)になっています。
この両町の間を通る国道390号バイパス沿いにあたり、バイパスと漁港内の通路とに挟まれた細長い敷地なので、ぼんやりしているとバイパスの緑地帯といった風にも見えます。

ほぼ全体が草地の広場でグラウンドゴルフなどに使えるようなのですが、訪れたのが8月だったので、ちょっと草が繁り気味です。

1093/1000 石垣漁港ハーリー広場(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
ハーリーは沖縄の各地で行われる海のお祭りで、豊漁や海の安全を祈るものです。
メイン行事は伝統的な木造の小舟「サバニ」での競漕で、鮮やかに飾られた競漕用のサバニを「ハーリー船」と呼ぶこともあります。

石垣漁港ハーリー広場は、その名のとおり石垣島のハーリーが開かれる石垣漁港に面したところにあります。

1092/1000 美崎公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
今でこそ、石垣島といえば「リゾート」「白保」「BEGIN」など色々なイメージが湧くようになりましたが、私が子供だった30年くらい前は、ボクシング世界チャンピオン「具志堅用高」が一番目だったと思います。
その具志堅のあだ名がカンムリワシでしたが、具志堅用高記念館のサイトによれば、インタビューで本人自ら「ワンヤ、カンムリワシニナイン(自分はカンムリワシになりたい)」と語ったそうです。

石垣市美崎町の離島ターミナル横にある美崎公園(都市計画名は美崎町公園)は、そんな石垣島のシンボルである大鷲の像があるため、通称・大鷲公園と呼ばれています。

1091/1000 八島小学校横公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
石垣市街地の海岸沿い、国道390号バイパスよりも南側は、昭和の終わり頃に埋め立てられてできた町です。そのうちの八島町の東端、八島小学校・天川幼稚園の隣に公園があります。
ただ都市公園では無いようで資料不足のため、石垣市の地域防災計画に記されていた「八島小学校横公園」という名で呼びたいと思います。

1090/1000 八島緑地公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
石垣市街地の海岸沿い、国道390号バイパスよりも南側は、昭和の終わり頃に埋め立てられてできた町です。そのうちの八島町の一角、与那国島へ行くフェリー埠頭の横手にあるのが八島緑地公園です。


1089/1000 川平風致公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
「風致公園」は、都市公園法において「主として風致の享受の用に供することを目的とする都市公園」と定義されており、要は自然の景色が良い所をもっと楽しみやすくするためにつくる公園です。
ここ石垣市の川平(かびら)風致公園は、ミシュランの旅行ガイドで3つ星をもらったこともある景勝地・川平湾を望む海岸線にあります。

ここでは、主役はあくまでも美しい海と緑の景観ですので、それを眺めるための展望台、園路、駐車場などが公園施設として整備されています。

1088/1000 大川公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
石垣市街地にある御嶽(おん)と一体となった小公園を訪ねるシリーズ。
全3回の3回めは、石垣市の旧市街を構成する四ヶ字(しかあざ)の一つ、大川地区にある大川公園です。

1087/1000 天川公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
石垣市街地にある御嶽(おん)と一体となった小公園を訪ねるシリーズ。
全3回の2回めは、石垣市の旧市街を構成する四ヶ字(しかあざ)の一つ、登野城(とのしろ)にある天川(あまかわ)公園です。

1086/1000 長崎公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
今回からは3回連続で、石垣市街地にある御嶽と一体となった小公園を訪れます。
沖縄における祖先崇拝の聖地である御嶽は、沖縄本島では「うたき」ですが、八重山では「おん」と呼びます。もしかすると本来はいくぶん違った信仰形態が背景にあるのかもしれませんが、琉球王国の時代に国家制度化されたり、明治以降の日本化の影響を受けたりしているため、素人目には同じに見えます。
一方で八重山の御嶽には、明治以降に国家神道の体系に組み込まれて設置された鳥居が受け継がれたり、場合によっては新築されて継続していることが多く、戦後に撤去されたことが多い本島とは違った雰囲気もあります。

1085/1000 パイナップル公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
No.1084のアップル公園と兄弟公園と言えるのが、アップル公園から直線で400メートルほど南にあるパイナップル公園で、どちらも1990年3月に開園しています。

パイナップルの名の由来は、こちらのトイレ。No.955 ふてんま公園で見かけたものと同型と思われますが、ドア形状など若干異なるところもあります。
おそらく、この公園のものがオリジナルで、ふてんま公園のものはドアを修繕するときにピッタリ合うものが入手できなくてドア枠の方を直線的に作り変えてはめ込んだのではないかと思います。
パイナップル公園のトイレ(表側)
No.955 ふてんま公園(沖縄県宜野湾市)のトイレ(表側)

1084/1000 アップル公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
ずいぶん前に、大阪市生野区にあるNo.575 りんご広場を訪れましたが、今回は沖縄県石垣市にあるアップル公園です。

アップルの由来は、こちらのトイレ。半分に割られたリンゴの形をしています。

1083/1000 舟蔵公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
舟蔵公園は石垣市街地の西外れ、真喜良小学校近くの海岸沿いにある公園です。
面積は約2.8ヘクタールあるのですが、わずかばかりの駐車場を除くと、ほぼすべてが海に向かって開けた芝生の広場になっており、ちょっとしたリゾートホテルの敷地と言っても良いような雰囲気さえ漂っています。

1082/1000 新川公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
石垣島の市街地は、古くから石垣、登野城(とのしろ)、新川(あらかわ)、大川の4地区に分かれており、これを四ヶ字(しかあざ)と呼ぶそうです。そのうちの新川地区にあるのが新川公園です。

1081/1000 真栄里公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
真栄里(まえざと)公園は石垣市街地の東部、国道390号バイパスに面したところにある公園です。もともとバイパスよりも南側は海だったのですが、昭和の終わり頃に埋め立てられてしまい、今は元・海辺という雰囲気はまったくありません。

1080/1000 新栄公園(沖縄県石垣市)

4:00 Add Comment
新栄(しんえい)公園は、石垣市の中心部にあって市民会館や図書館に隣接し、多くの記念碑も並ぶなど、本ブログで言う「中央公園」の特徴を備えた石垣市を代表する公園です。
また数々のイベント会場にもなっており、とくにオリオンビールが主催するライブイベント「オリオンビアフェスト石垣」では、例年この公園が会場になっています。
●2015年のオリオンビアフェスト石垣はこちら

1079/1000 西淀公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
西淀公園は、阪神高速の大和田入口のすぐ横にある公園です。
やや変形の鍵型の敷地で、その角の部分が大きく野球場になっており、残った一方がエントランスの広場、もう一方が遊具広場になっています。

野球場は、まぁ普通ですね。
ただ、近隣の他の公園の野球場よりも、草刈りや整地などの管理がしっかりされているように感じました。よく使われ、よく管理されている雰囲気です。

1078/1000 上町公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
上町公園は、No.1073の東姫島公園から北へ直線で70メートルほど離れたところにある小公園です。ただし、この70メートルは阪神電鉄と阪神高速道路の高架下が塞がっていて通れないため、行き来するためには遠回りをしなければなりません。

1077/1000 姫之里公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
阪神電鉄の姫島駅の北側一帯が「姫里(ひめさと)」という町名で、その中央付近に姫之里(ひめのさと)公園があります。
「姫の里」と聞けば、なにかお姫様が隠れ住んでいたなどの伝説でもありそうなものですが、実際は姫島+野里の合成地名「ひめ(の)さと」が由来だそうです。

●西淀川区役所のHP内『区のあらまし』より
姫里:昭和初期まで、姫島・野里の町域で、一部に花川があった。土地区画整理時に町名の一文字を重ね「姫ノ里」とし、昭和17年に姫島三町会と野里五町会が合同して、その町名を継承した。

1076/1000 姫島浜公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
姫島浜公園は、No.1075の西姫島公園の隣のブロックにあり、距離にして150メートルほどしか離れていません。
大きな西姫島公園が少年野球場をメインに置いたスポーツ向けの公園だったのに対して、こちらは近所の人たちの毎日の利用を重視した仕立てになっています。

1075/1000 西姫島公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
西姫島公園は、西淀川区の小規模な町工場が多い地区につくられた公園です。
面積は7200平米以上あって市街地では広めですが、敷地の大半が少年野球場になっており、景観的には殺風景な雰囲気のある公園です。

1073/1000 東姫島公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
東姫島公園は、阪神姫島駅から西へ200メートルほど。途中の信号が青なら2分ほどで着いてしまうところにある小公園です。
資料によれば面積は700平米以上あるのですが、そのうちの1/3ほどが歩道代わりになるように配置・整備されているため、公園として普通に使える部分は数字ほどの広がりは感じられません。

1071/1000 福町東公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
福町東公園は、阪神なんば線の福駅から徒歩5分ほどのところにあります。
そしてNo.1070 福町西公園と同じく都市計画上の名称は東福町公園であり、実際の公園名とは「東」の付く位置が違っています。

1070/1000 福町西公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
福町西公園は、都市計画上の名称は西福町公園となっており、「西」の付く位置が違っています。
都市計画上の名称と実際に開園した時に付ける公園名が異なるのはよくあることなのですが、ここであえて「西」の付く位置を変えてきた理由はよくわかりません。まるっきり違っているならまだしも、微妙に違うとこちらが転記ミスをしたようでザワザワしてしまいます(各社の地図サイトでは「西福町」と記載されており、すなわち元になる国土地理院のデータが「西福町」になっているようです)。

1069/1000 福町公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
福町公園は、市立福小学校の西側にある小公園です。
このあたりは江戸時代以来の福村の北外れにあたり、ほかに地区の集会所や老人憩いの家も隣接しています。

1068/1000 百島公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
百島(ひゃくしま)公園は新淀川の最下流付近にあり、17世紀末に開墾された「百島新田」だったエリアに含まれます。

百島新田はNo.1067で登場した新淀川の開削によって一部が水没し、また1924年(大正13年)に現在の阪神なんば線が開業したこともあって徐々に工場が進出するようになって市街化が進み、現在は淀川製鋼所の大きな工場などが林立しています。
しかし、江戸時代も新田だからといって農業ばかりをやっていたわけでもなく、湿地の中の水路を伝って淀川に繋がる立地を活かして漁業も盛んだったようで、海の神様・漁業の神様である住吉神社、夷神社なども祀られていました。

1067/1000 新淀川公園(大阪市西淀川区)

4:00 Add Comment
新淀川(しんよどがわ)」は淀川の最下流に掘られた人工流路で、1909年(明治42年)に完成したものです。現在の淀川でおおむね都島区毛馬(淀川大堰)付近から下流がこれにあたり、JR東海道線、阪神、阪急など主要な鉄道路線から見られる淀川は、すべてこの区間に含まれます。
そんな新淀川の河口近くにあるのが、新淀川公園です。

1066/1000 たぶん住吉台2号公園(兵庫県篠山市)

4:00 Add Comment
兵庫県篠山市の住吉台は、1981年(昭和56年)から分譲が始まり、現在は約2,900人が暮らす篠山市最大の住宅団地です。
資料によれば住吉団地の中には住吉台1号から8号までの都市公園があり、面積から見てここが2号公園だと思うのですが、現地では「ぞうこうえん」という愛称の園名板しか見当たらず正確なところは不明です。

1065/1000 平池公園(神戸市垂水区)

4:00 Add Comment
神戸市垂水区にある平池公園は、神戸市立工業高等専門学校(神戸高専)が郊外に移転したグラウンド跡地に、大きなマンションと並んでできた小公園です。

1064/1000 玉津東団地前公園(神戸市西区)

4:00 Add Comment
玉津東団地前公園は、「その名のとおり」とは微妙に言い難い、神戸市営の玉津東住宅の一角にある小公園です。ちなみにここから1キロ以上離れたところに、兵庫県営の玉津東団地もあります。

1063/1000 島津公園(大阪市西区)

4:00 Add Comment
No.1062の薩摩堀公園から西へ200~300メートルほど離れ、木津川に近く、機械・金属関係の事業所が多い一角に島津公園があります。少し離れていますが「薩摩」ときて「島津」なので、気持ちの上ではセットみたいなものです。

1062/1000 薩摩堀公園(大阪市西区)

4:00 Add Comment
No.10601061と江戸時代の土佐藩蔵屋敷にちなむエリアの公園をめぐりましたが、今回からは薩摩藩がらみのエリアに入ります。
と言っても、距離にして400~500メートルなので隣みたいなものですが。
2003年発行の大阪城天守閣図録『特別展 浮世絵師 初代長谷川貞信が描いた幕末・明治の大阪
-「水の都」の原風景-』に掲載されている『萬寿大阪細見図』(1863年(文久3年))を引用・一部加筆

1061/1000 土佐公園(大阪市西区)

4:00 Add Comment
No.1060 西長堀公園の回に登場した江戸時代の土佐藩蔵屋敷の中に祀られていたお社があり、それが現在の土佐稲荷神社として残っています。
ちなみに蔵屋敷は、明治になってから土佐藩出身で三菱グループの創業者である岩崎弥太郎が引き継いで自邸を構え、土佐稲荷神社にも厚い寄進をしたそうです。
そして現在は神社の南側と西側が公園になっており、その名も土佐公園といいます。

どの段階で、どのように神社と公園との敷地が分けられたのかはよくわかりませんが、公園南側の出入り口からは社殿に向かって一直線に園路が伸びています。まさしく参道と言えましょう。

1060/1000 西長堀公園(大阪市西区)

4:00 Add Comment
大阪市街地の東西幹線の一つである長堀通は、近世大阪に築かれた掘割である長堀川を埋め立ててつくられた道路です。
その名を残すのが西長堀公園。資料によれば長堀川の埋め立て完了は1971年(昭和46年)、公園の開園は1976年(昭和51年)のことです。