日本1000公園

日本の都市公園は約10万ヵ所。その1/100なら行けるだろうと思って始めた覚え書きですが、1000ヵ所を超えても続いています。揺れる動物も集めています。

2016年12月30日

1370/1000 モンチッチ公園(東京都葛飾区)

0 件のコメント :
色々あった2016年も明日で終わり。
去りゆく申年にちなみ、今年最後の記事は葛飾区のモンチッチ公園です。

こちらの公園は正式名称は「西新小岩5丁目公園」というのですが、モンチッチの製造元である(株)セキグチの工場跡地を公園としており、愛称だけでなく、園内にモンチッチにちなむものが色々と採用されています。

2016年12月29日

1369/1000 本能公園(京都市中京区)

0 件のコメント :
言わずと知れた「本能寺の変」の本能寺ですが、5年ほど経ってから豊臣秀吉が戦乱で焼け野原になっていた京都市街を再建するにあたって東の方に寺町を造ることとなり、本能寺も場所を移して再建されます。
織田信長が宿としていた頃の本能寺があったのが、現在の本能寺町付近で、そこに本能公園があります。

2016年12月28日

1368/1000 生祥公園(京都市中京区)

0 件のコメント :
以前にNo.892 竹間公園でも触れましたが、京都市の中心部では明治初めに上京・下京ごとに一番から順に設けられた自治単位である「番組(町組)」の区割りが、今も行政上の地区単位として残っています。
1869年(明治2年)には、番組ごとに小学校が創設され(これを番組小学校と呼びます)、それぞれに論語や漢詩などから取られた立派な名前が付けられますが、やがて地区単位そのものが通し番号ではなく学校名で呼ばれるようになったため、町名とも通り名とも異なる「学区名(=学校名)」が地区単位の名称として使われるようになります。
第2次町組改正後の町絵図
京都市HP「町組改正と小学校」より引用して表示

2016年12月27日

1367/1000 なかよし公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
なかよし公園は、杉並区宮前の井の頭通りに面したところにある小公園です。
間口が狭くて奥行きが深い、いわゆるウナギの寝床のような敷地形状をしています。

2016年12月26日

1366/1000 西宮公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
西宮(にしみや)公園は、杉並区宮前の戸建てが多い住宅地の中にある小公園です。
「西宮」と言うので近くに神社があるかと思いましたが見当たらず、「(町名の)宮前の西の方」にあるので西宮なのかと思い直しました。

敷地は下写真に写ってる範囲ですべて。三方を建物に囲まれ、一方向だけが道路に接しています。

2016年12月25日

1365/1000 こぶし公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
こぶし公園は、杉並区宮前の区営アパートに隣接する小公園です。
アパートの通路や周辺の歩道と一体的な敷地となっていて、非常に明るい印象があります。

2016年12月24日

1364/1000 久我山東児童遊園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
久我山東児童遊園は、古くからの戸建て住宅が多い街区の奥まったところにある小公園です。街区の中央部と言えばそうとも言えますが、路地の奥という表現の方が正しいような
位置です。

2016年12月23日

1363/1000 久我山東原公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
久我山東原公園は、京王・富士見ヶ丘駅から北西へ400メートルほど離れた戸建ての多い住宅地の中の小公園です。
この公園では、2016年(平成28年)に杉並区が敷地の北半分ほどを占める広場をつぶして保育所を建てる計画を打ち出したことで、反対運動の様子がマスコミ等で大きく報道されました。私が訪れた後、2016年8月1日に公園の一部が廃止され、保育所の工事が始まったそうですので、この記事は工事前の記録ということになります。

下写真は、なくなってしまう北側広場の端から園内を眺めたところ。敷地の中央付近にトイレ建物とパーゴラがあり、その北側が土敷きの多目的広場、南側は流れのある園地と遊具コーナーになっています。

2016年12月22日

1362/1000 富士見丘北公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
富士見丘北公園は、京王・富士見ヶ丘駅から北へ400メートルほど離れ、人見街道に面した住宅地の中にある小公園です。
ただし公園そのものは街道にはほとんど面しておらず、水路に蓋をしたような細道に面しています。

2016年12月21日

1361/1000 桐の木公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
桐の木公園は、No.1360 高井戸わんぱく公園から西へ道一本挟んで6メートルほど離れたところにある小公園です。
下の写真で、わんぱく公園にある児童館の建物がチラッと見えているのですが、知らなければわかりません。

2016年12月20日

1360/1000 高井戸わんぱく公園(東京都杉並区)

0 件のコメント :
京王・高井戸駅の北側に、細くうねった、見た感じでは水路跡のような細道が通っています。これを西に200メートルほど進んだところに、高井戸わんぱく公園があります。

2016年12月19日

1359/1000 東中里公園(東京都北区)

0 件のコメント :
JR山手線の駒込駅の周りには、駒込銀座、染井銀座、霜降銀座など銀座を名乗る商店街が沢山あるのですが、その中の一つ、田端銀座の北端あたりにあるのが東中里公園です。

資料によれば2010年(平成22年)に全面的な大改修が実施されたようで、見通し、遊具安全、防災、バリアフリーなど今時の小公園に求められる要素がしっかりと盛り込まれています。

2016年12月18日

1358/1000 田端公園(東京都北区)

0 件のコメント :
JR山手線の田端駅から隣りの駒込駅にかけての一帯は、地形の起伏に富み、大小の坂の多い住宅地です。そんな田端の一角、小学校や保育園にも近い坂沿いに田端公園があります。
曲がった坂道に接する崖下で、湿気やゴミが溜まりやすく住宅にはあまり適さない土地を上手に公園にしているという立地でもあります。

2016年12月17日

1357/1000 動坂公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
動坂(どうざか)公園は、江戸時代から名のある「動坂」の近くにある小公園です。
近くにあった文京区の解説板には、江戸名所図会からの引用として“千駄木に動坂の号あるは不動坂の略語にて、草堂のありし旧地なり”と紹介されていました。「不動」が「動」に略されてしまうとまるっきり意味が逆転するのでしっくりきませんが、江戸の人がそういうのなら仕方がありません。

2016年12月16日

1356/1000 神明都電車庫跡公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
土地利用の出自をわかりやすく語っている神明都電車庫跡公園。
1971年(昭和46年)までは都電の神明町車庫があった敷地が、現在は公園、福祉会館、公営住宅などとして使われています。
まずは車庫跡の名残を伝える都電車両の展示からご紹介。客車と貨物車が一両ずつ展示されています。

2016年12月15日

1355/1000 神明公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
No.1354は富士神社にちなむ富士前公園でしたが、直線距離で250メートルほど離れたところには神明神社にちなむ神明公園があります。
敷地は四方を道路に囲まれた長方形に近い形をしているのですが、そのうちの一角が低く、対角部分が高いという地形になっています。このため、低い角に接する部分を広場に、高い角に接する二辺を通路やキャッチボール場などに充てて、高低差部分は遊具やスタンドにするといった地形づかいがされています。

2016年12月14日

1354/1000 富士前公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
富士前公園は、駒込富士神社北側の住宅地の中にある小公園です。社殿から見ると前ではなく裏側に位置していますが、この付近は1966年(昭和41年)までは「駒込富士前町」という町名で、公園は1963年(昭和38年)に開園しているので、町名からとられた公園名だと考えられます。

2016年12月13日

1353/1000 六義公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
六義園(りくぎえん)は、もとは徳川綱吉の側近として活躍した柳沢吉保が1700年前後にかけて築いた大名庭園です。明治になって岩崎弥太郎が購入、昭和になって岩崎家から当時の東京市に寄贈され、現在は国の特別名勝に指定されて都立公園として有料で公開されています。

2016年12月12日

1352/1000 文京宮下公園(東京都文京区)

0 件のコメント :
神社の近くに「宮下」地名はよくあるもので、地名から名前を取った宮下公園も各地にあります。東京23区内でも渋谷区神宮前、品川区大井、杉並区宮前、板橋区前野町などに宮下公園があります。
そして文京区千石の巣鴨大鳥神社の隣には、区が違えば同じ名前でも構わないのに、あえて「文京宮下公園」を名乗る律儀な公園があります。

交差点名もそのまま。しかし長すぎて、英名標記には「前」が入りきっていません。

2016年12月11日

1351/1000 駒込東公園(東京都豊島区)

0 件のコメント :
JR山手線の駒込駅は豊島区にあるのですが、付近では区界が入り組んでおり、駅から500メートルほど歩くだけで豊島区、文京区、北区を渡り歩くことができます。
そんな駒込駅近くで、モザイクタイルの象が美しい駒込東公園を見つけました。

2016年12月10日

1350/1000 師岡町梅の丘公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
師岡町梅の丘公園は、ここ数回訪れている横浜市港北区の「もろ、丘」な地形を残す住宅地の中に、2015年(平成27年)の4月に開園したばかりの、まだ新しい公園です。
そして、市民農園を中心に置いた新しいタイプの都市公園でもあります。

公園の公式サイトによれば、ここはもともと多くの梅が咲く畑だったそうです。
入口から園内に入ると、緩い坂道沿いに梅の木が植えられていて、季節になれば美しそうです。私が訪れたのは桜も散る頃の曇天のだったので写真ではよく分かりませんが、道の両側とも梅の木です。

2016年12月9日

1349/1000 みその公園(横浜市鶴見区)

0 件のコメント :
みその公園は、ここ数回訪れている港北区の師岡町とは区境を挟んで接している鶴見区獅子ヶ谷にあり、No.1344で登場した獅子ケ谷市民の森の麓ですので、ほぼ一連のものと言ってよいところにある公園です。
ここは江戸時代から村名主を務めた横溝家の屋敷を保存・展示ししている施設「横溝屋敷」と一体のものとなっています。入場は無料なので、どんどん入ってみましょう。

2016年12月8日

1348/1000 師岡仲谷戸第二公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
師岡仲谷戸第二公園は、ここ数回訪れている横浜市港北区の「もろ、丘」な地形を残す住宅地・師岡町、斜面地を開発したマンションと一体的に整備された小公園です。
No.1347 南谷戸第二公園と立地が似通っていますが、面積規模は一回り小さく、それだけに内容も小ぢんまりしています。

下写真は、公園が面しているバス道を渡ったところから見たところ。

2016年12月7日

1347/1000 師岡南谷戸第二公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
師岡南谷戸第二公園は、横浜市港北区の「もろ、丘」な地形を残す住宅地・師岡町の中、斜面地を開発したマンションと一体的に整備された小公園です。
構造的には「斜面+平場」としか言いようがないものになっています。

2016年12月6日

1346/1000 師岡打越第三公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
師岡打越第三公園は、横浜市港北区の「もろ、丘」な地形を残す住宅地・師岡町にある小公園です。
丘の中でも突先というか、坂の下りはじめで東に向かって眺望が開けるところにあって、シンボリックな公園となっています。

2016年12月5日

1345/1000 師岡打越第二公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
横浜市港北区の「もろ、丘」な地形を残す住宅地の師岡町。今は丘上も谷底も開発されて住宅が建ち並んでいますが、それだけに何処にいてもアップダウンの多さで原地形がよくわかる町になっています。
師岡打越第二公園は、そんな町の斜面地に開発されたマンションと一体的に整備された小公園です。

急な坂道に接して出入口部分は狭く、そこを逃すと接道ができないような立地です。

2016年12月4日

1344/1000 師岡町公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
横浜の港北区役所あたりから、区境を越えて鶴見区の三ツ池公園にかけての一帯には幾つもの小さな丘が連なっており、文字通りではありませんが「師岡(もろ、丘)」な地形になっています。
その中でも親玉的な丘を使った公園が師岡町公園です。

写真では全体像をお伝えすることが難しいので、公園の案内図で見ていただきましょう。
丘の尾根沿いに遊歩道を通し、その周りに小さめの園地(薄緑色)があるほかは、斜面地の樹林(緑色、濃緑色)になっています。

2016年12月3日

1343/1000 菊名七丁目公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
菊名七丁目公園は、東急東横線の高架横に設けられた狭小公園です。
線路側には間口は開いておらず、下写真でだいだい全部が写っています。

2016年12月2日

1342/1000 大豆戸塚田公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
漢字が並ぶと切れ目がわかりにくいのですが大豆戸塚田と書いて「まめど・つかだ」公園です。
付近は交通量の多い道路と新幹線の高架に区切られた住宅地で、小公園ながら貴重なオープンスペースになっています。

2016年12月1日

1341/1000 東大豆戸公園(横浜市港北区)

0 件のコメント :
さて、本日の公園名。「大豆戸」と書いて「まめど」と読む地名なのですが、「大豆」で「まめ」なので、小豆や空豆から苦情が出ないか心配になってしまいます。
だいたい港北区役所から菊名駅にかけての一帯が大豆戸町で、その東端の丘の上にあるのが東大豆戸公園です。

公園の周囲は丘を開いて作られた住宅地でかなり建て込んでいるのですが、それでもまだ工事をしているところなどもあって、人気の住宅地であることがうかがわれます。

2016年11月30日

1340/1000 森口公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
森口公園は、那覇市小禄にある丘陵尾根を使った公園です。地形的に言えばNo.931 がじゃんびら公園から連なる丘陵端にあたり、尾根の東側で国場川・漫湖の方へ向かって下がっていく地形になっています。

2016年11月29日

1339/1000 若松公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
No.471 松山公園の近くにある若松公園。言葉のイメージでは「松山」の方が老成した木々、「若松」は文字どおり若いマツを連想させます。
と言ったこじつけから始めたのは、この若松公園が今年(2016年)の4月に全面リニューアルしたからです。ここ数年、那覇市では都心部の古い児童公園の全面リニューアルを計画的に進めており、その事業の一環でのことと思われます。

区画整理のへた地のような三角形の敷地をしており、ちょうど通り抜けに良い場所にあるため、園内を貫く園路が作られています。

2016年11月28日

1338/1000 銘苅かりゆし公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
銘苅かりゆし公園は、那覇新都心の一角にある小公園です。
辞書によれば、沖縄方言の「かりゆし」は「めでたい、縁起が良い」などの意味を持つそうです。しかし沖縄ではかりゆしウェア、かりゆしホテル、かりゆし58など至る所で見かけるので、単に「めでたい」という状態を表すのではなく、「めでたくあれ」という願いが込められた言葉であるように思います。
なので、銘苅かりゆし公園も単に「めでたい公園」ではなく、「これから新しく開かれる町を祝う公園」として名付けられたのだろうと想像します。

2016年11月27日

1337/1000 銘苅てんとうむし公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
銘苅てんとうむし公園は、那覇新都心の住宅地の中にある小公園です。
以前に登場したNo.203 新都心公園の遊具広場ブロック、No.204 安岡ガジュマル公園とは150メートルほどしか離れていないので、それらと住み分けてのことか、こちらの公園はあまり施設のないシンプルな構成になっています。

2016年11月26日

1336/1000 安謝東公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
安謝東公園は、No.1335の安謝東原公園とは150メートルほど離れた場所にある小公園です。
資料によれば那覇新都心の区画整理事業地にはギリギリ含まれていないようで、新都心のまだ新しい公園と比べるとやや古びた感があります。

その園内にNo.1084 アップル公園で見かけたものと同じリンゴ型のトイレがありました。アップル公園は熟れた赤いリンゴだったのに対して、こちらは青リンゴです。

2016年11月25日

1335/1000 安謝東原公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
那覇市北部の安謝(あじゃ)地区は、戦前までは安謝川河口にほど近い農業集落で、川沿いの湿地を避けてやや高いところに家々が並んでいたようです。
ところが沖縄戦の後、1952年(昭和27年)になって集落の南側ギリギリのところまでが米軍の牧港住宅地区の一部として接収されてしまいます。
そして、これが1987年(昭和62年)に全面返還されて現在の那覇新都心として開発されました。

2016年11月24日

1334/1000 若狭小公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
若狭小公園は、No.1333 前島北公園から100メートルほど離れたところにある、面積200平米あまりの三角形の狭小公園です。

この付近では、開発された時期の違いなのでしょうか、道路軸の方位が異なる2つの区画が接しており、建物を建てにくい三角区画がいくつか生じています。そのうちの2つがNo.1333と、この公園になっています。

2016年11月23日

1333/1000 前島北公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
さて、これまでに那覇市前島ではNo.936 前島南公園No.937 前島中公園No.1332 前島東公園を訪ねてきましたが、今回は前島北公園です。ちなみに前島西公園は存在しませんので、これで前島はコンプリートです。

2016年11月22日

1332/1000 前島東公園(沖縄県那覇市)

0 件のコメント :
前島東公園は、No.936 前島南公園No.937 前島中公園のすぐ近くにあり、面積は200平米にも満たない狭小公園です。

2016年11月21日

1331/1000 警固公園(福岡市博多区)

0 件のコメント :
警固(けご)公園は、西鉄福岡(天神)駅を西に出てすぐ。本ブログに登場した公園の中では、No.649 尼崎市の中央公園と並ぶ駅直結型の公園です。
手前の石敷き、奥の高木が見えているあたりまでが公園、その後ろがもう駅ビルです。

2016年11月20日

1330/1000 天神中央公園(福岡市博多区)

0 件のコメント :
天神中央公園は、西鉄福岡(天神)駅から250メートルほど離れた市街地どまんなか、福岡市役所の道向かいにある公園です。ここには1876年(明治9年)から1981年(昭和56年)まで福岡県庁があったのですが、これが移転した後に公園として整備されたものです。

音楽ホールなどの入った複合施設・アクロス福岡の屋上緑化スペースと公園とが一体となった姿は、完成当時には大きな話題を呼びました。奥に見える小山のような緑がアクロスです。

2016年11月19日

1329/1000 冷泉公園(福岡市博多区)

0 件のコメント :
冷泉公園は、中洲の歓楽街や、祇園山笠で有名な櫛田神社にもほど近い市街地にある小公園です。
こちらが櫛田神社に保管・展示されている山笠。

2016年11月18日

1328/1000 藤田公園(福岡市博多区)

1 件のコメント :
藤田公園は博多駅から西へ400メートルほど離れ、博多区役所や博多警察署に隣接する小公園です。ちなみに、先日の道路陥没事故があった場所からは200メートルほど離れています。
そうした立地から、なかば区役所の前庭のような感覚で緑とアート作品を融合させた空間になっています。

こちらはステンレスでできた丸いものを転がす人。園内で一番目立つ出入口のところにあるので、公園のシンボルと言って良いでしょう。

2016年11月17日

1327/1000 改良遊園地(兵庫県川西市)

0 件のコメント :
No.1325 うしもー公園とは毛色が異なりますが、名前を聞いただけで同じく「どんなものが飛び出すのか」とドキドキしてしまうのが、今回の改良遊園地。
なにしろ遊園地を改良したのですから、と思うわけですが、訪ねてみれば普通の小公園だったというオチは先に言っておきます。

2016年11月16日

1326/1000 江戸橋公園(東京都豊島区)

0 件のコメント :
「江戸橋」は各地にあろうかと思いますが、ここでは掘り込みになっているJR山手線を渡る橋の名です。その江戸橋と隣の宮下橋の間くらい、駅で言えば巣鴨から西へ300メートルほどのところに江戸橋公園があります。
名前や立地は渋めですが、園内はぶっ飛んだ感じの宇宙空間になっています。

2016年11月15日

1325/1000 うしもー公園(沖縄県浦添市)

0 件のコメント :
このところ浦添市の伊祖・城間あたりの区画整理地にある小公園を巡ってきました。それらはすずらんかんなひなぎくあさがおと花の名が付けられていたのですが、ここは少し違って「うしもー」。名前を聞いただけで胸が高鳴ります(笑)

2016年11月14日

1324/1000 あさがお公園(沖縄県浦添市)

0 件のコメント :
浦添市の伊祖・城間界隈の区画整理地にある「花シリーズ」公園を巡るシリーズの4回目は「あさがお公園」です
アサガオの原産地は東南アジアからヒマラヤあたりとされており、日本には奈良時代に中国から入ってきました。ただしアサガオには近縁種や混雑種も多く、沖縄には亜熱帯系のノアサガオが古くから分布しています。
Wikipedia「アサガオ」より引用して表示

2016年11月13日

1323/1000 ひなぎく公園(沖縄県浦添市)

0 件のコメント :
浦添市の伊祖・城間界隈の区画整理地にある「花シリーズ」公園の3回目。本日は「ひなぎく公園」です。
ヒナギクはキク科の一年草で、ヨーロッパを原産として冷涼な紀行を好むため、沖縄には自生していません。
Wikipedia「ヒナギク」より引用して表示

2016年11月12日

1322/1000 かんな公園(沖縄県浦添市)

0 件のコメント :
浦添市の伊祖・城間界隈の区画整理地にある「花シリーズ」公園の2回目。
本日は「かんな公園」です。
カンナは中南米原産の多年草ですが、観賞用に品種改良が進んでおり、多種多様な大きさ・色・形の仲間が1000種類以上もあるそうです。日本にも江戸時代に渡来し、現在は半野生化したものもよく見られます。赤や黄色でよく目立つ花は、沖縄でもよく植栽として使われています。
Wikipedia 「カンナ(植物)」より引用して表示